Auuuuu☆ Gabon!!!!! 青年海外協力隊で幼児教育隊員として活動している私のプチ写真日記。
by tomoenjoy
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

☆2010年8月号☆

2010年8月17日はガボン独立50周年!!
首都リーブルビルでは盛大に式典が開催されるらしいけど、
私の町チバンガでも行進パレードがあります!

b0172731_1411393.jpg

●今年は配属先のみんなでお揃い布の服を仕立てて、
パレードするというので、髪の毛を編みに美容院に行って
きました!!

b0172731_142258.jpg

●3回目のトレース(髪の毛を編みこむこと)☆
今回はロングヘア~
私は髪の毛の量が多いため、つけ毛を付け足して、三つ編みするので、
とても時間がかかり…約5時間…。
美容師さんも疲れてるけど、される側もかなりつかれる…。
でも、今回はかなり髪の毛を付け足してロングヘア~♪♪
なんかカツラをかぶったようなちょっと違う自分になった感じが
しておもしろ~い!!
でも、実はこれ、根元の毛にエクステの髪の毛を付け足すので、
地毛がひっぱられてかなり痛い…笑

b0172731_1424891.jpg

●前夜祭☆8月16日
町にあるスタジアムで、プヌ出身の有名な歌手や、
いろんな人たちのコンサートがあった!!
無料でたくさんの子どもたち~大人まで多くの人が来てた!
こどもも大人もみんな踊る!踊る!歌う!歌う!!笑!!

b0172731_1434189.jpg

●たまたまチバンガに遊びに来てた
環境教育の隊員たちと先輩のれいこさんと一緒に行きました!
(私の隣にいる女の子は近所の子、アヌシュカ)
そして、この日の夜、日付が変わる0時にチバンガの町に
花火が打ち上げられました!!
結構規模の大きな花火が約20分くらい!!
久しぶりの花火に興奮してしまい、楽しめた!!
でも、夜中0時だし子どもたちも、町の人もあまり見れていなかった
のではないかと…。

b0172731_1444185.jpg

●2010年8月17日☆ガボン独立50周年!!
独立記念広場で式典があり、そのあと、その前を
各団体がお揃い布の服や50周年記念パーニュ(布)を身に
まとい、行進する!
私の配属先も去年はなかったし、今年は50周年だからか、
行進する団体の数も多かったように感じる。

b0172731_1454199.jpg

●配属先(視学官事務所)の看板を持って、同僚たちと
行進前に並んで待っているところ!!

b0172731_1463175.jpg

●先輩のれいこさんも職場の人たちと一緒に行進!!
みんなに配られた50周年記念Tシャツと国旗色の緑・青・黄色地の
3色あるパーニュ(布)を身にまとって☆
[PR]
# by tomoenjoy | 2010-09-29 01:48

☆6月号2010☆

ガボンの学校は10月から新学期、6月が年度末になります。
そして、7~9月がバカンス(夏休み)!!
その年度末の修了式と発表会(チバンガで一番高い私立幼稚園の)
を見学させてもらいました!!

子どもたちはそれぞれ仕立てた着飾った衣裳で、
3、4、5歳各年齢で簡単な歌や、詩を朗読したり、
2回着替えのファッションショー(大人たちが一番はしゃいで
力を入れていた!笑)、最後はみんなでダンス。
そして、5歳児から小学校に上がる子たちには
「修了証」が一人ずつ園長先生から手渡されていました。

b0172731_23125880.jpg

●修了式に参加する保護者たち

b0172731_23144241.jpg

●アフリカ的な衣裳を着る子どももいる。
保護者たち「が」かなり力を入れている
b0172731_23171477.jpg


b0172731_23154845.jpg

●音楽に合わせてファッションショーのように
歩く(歩かされてる?)子どもたち。
不安そうな顔の子もいれば、音楽に合わせてモデルさんの
ように歩く子もいて、笑ける~

b0172731_23185555.jpg

●会場に来ていた「ナイマツ」。
私がよく買い物に行くベナン人が集まってるマルシェ
でいつも声をかけるけど、肌の色が違うからか、私を見ると
悲壮な顔をして、泣きながら逃げていく!!
帰国するまでにナイマツと一緒に遊べる関係になるのが目標!!笑
布にすっぽり覆われて背負われているのがかわいいな~♪

b0172731_1292132.jpg

b0172731_132214.jpg

●日本の援助と
フランコフォ二―国際組織(OIF = Organisation Internationale de la Francophonie)が協力して建てられた図書館!!

※フランコフォニーとは、
「francophonie」フランス語圏(仏語圏)のこと。フランス共和国を含めフランス語が何らかの形で用いられている国・地域の総称。また、広義では、日本などの必ずしもフランス語圏に含まれない国・地域における、フランス語話者(「フランコフォン」= francophone)の人々で構成されるコミュニティーを指す場合もある。

建物やその他の内部の機材は日本、本などはOIFが提供していて、
日本の税金がこのように使われているんだと、すごく身近に感じた。
以前に行われたセレモニーからやっと本が入り、
そして改めての式典と初入館!!
いろんなフランス語の本、絵本、こども用の小さな椅子と
机もあって小さなこどもでも本を無料で見れ、借りれる環境があるって
改めてすごいな~と思う。

b0172731_1333955.jpg

●これは貸出用カード、2週間借りれる。
この町の人に少しでも、この図書館が浸透して、大いに
利用されるといいな~
私は幼稚園の子どもたちと散歩で一緒に図書館へ来れたらいいな~、
と密かに新学期先生に提案してみようと企んでいる♪

b0172731_1353069.jpg

●これは子ども用絵本(もちろんフランス語!!)

b0172731_1362584.jpg

●その他にも本棚にも絵本がある!!
そんなに広い部屋ではないけれど、静かに落ち着いて本を
読めそう!!

b0172731_1372067.jpg

●私より1年早くガボンに来られた先輩隊員のお見送り!!
ちょうど、1年違いの先輩たちで、幼児教育の先輩もいたので、
帰国されてしまうのはとても残念…。
でも、考えてみれば、私ももう残りあと1年なんだ!!

b0172731_1393192.jpg

●…と思ったら、私たちのちょうど1年あとの新隊員たちが
到着!!
お迎えの為に、横断幕を作っている同期隊員ー愛子!!
今まで先輩方に頼ってばかりいたのに、あっというまにどんどん
自分たちが古株になっていってなんか何も成長できてないと思うのに、
不安…
でも、新しい人が来ると、また色んな人に出会えるし、
人それぞれの人生や志が聞けてそれもまた楽しみだな。
[PR]
# by tomoenjoy | 2010-09-28 01:42

tomoenjoy☆2010年5月号☆

お久しぶりですボンジュール!!
首都に上がっても色々しなければならないことがあったり、
事務所のネット環境が変わってしまったので、なかなかより更新
しにくくなってしまいました~。。
なので、思い出しアップします。
では、5月の出来事…さっくりと更新しますぅ~!!


b0172731_22292657.jpg

●これなんでしょう~(ーvー)!!
マルシェ(市場)で最近よく見かけるようになった。
最初は何かよくわからなくて、フランス語で聞いても
知らない単語だったから、「なんやろ~?」と
思っていたけど、この1袋で
100CFAだし、買ってみた!!
家に帰って辞書で調べると・・・「栗!!」。
もう炒ってあるのか調理済みで、そのままむいて食べる。
写真の中央の白いのが剥いたもの。
味はやっぱり日本の栗とはちょっと違うけど、まあまあ
少し甘い香りがする感じ。
ま、栗と言われれば栗だな~っていう味だ。
アフリカで栗がなるなんて全く想像していなかった。
思い込みってこわいな~…
でも、日本の栗みたいにイガに覆われてるのか…
どんな木なのか…
また来年、この時期に栗狩りに行けたらいいな~

b0172731_22305958.jpg

●チバンガ在住の3人・誕生日会をするの巻
こういうお祝いの時にはやっぱり「日本食~!!」
先輩はちらし寿司と茶碗蒸しを作り、私はケーキを焼く
予定でしたが…チバンガ中のお店どこを探しても「卵」が
売ってない!!
(こういうことはよくあり、なくなると次の入荷を待つしかない)
でも、卵がないとケーキは焼けないし、探しさがすと、殻が
壊れて中の白身が少しでてきてしまってる卵3個発見!!
これじゃ誰も買わないから残されてたような感じで…
でもないよりは買うしかなく、それを使って一応作ることができました!!
先輩はメニュー変更してロールキャベツに!!でも、やっぱり
日本で食べてた味って懐かしくてほっとする~のを実感!!


=友だちの休日・ガボン料理作り
私の家の前でいつも野菜を売っている「アリマ」(←ママの名前)と
その子どもたち「ションス(一番上のお姉ちゃん12歳)」
「アイシャとファトゥー(双子の8歳)」「カルティール
(一番下の16か月)」のおうちへ行かせてもらいました!!

~アラシードソース~
アラシードソースとはピーナッツソースのことで、肉や野菜を煮込んだり
する味噌みたいなもので調味料として使われる。
どのように作るのかを見せてもらった!!

b0172731_22321522.jpg

●これはピーナッツの苗。
ピーナツの苗なんて初めて見た。
どんな風に実がなって収穫するのかまた見てみたい!
このピーナッツは家の前の畑で育てて、それを収穫し、
ピーナツソースを作る。

b0172731_22332717.jpg

●収穫してから3日くらい天日干しにして乾燥させる。
それから、この薪の火力を使って、大なべでじっくり
ゆっくり香ばしいにおいがしてくるまで炒る。

b0172731_22343973.jpg

●炒るとピーナツの薄皮がスルっとむけるので、全部
きれいにむく。
子どもたちがパクッパクッとつまみながら、手伝う。

b0172731_22354236.jpg

●手でぐしゃぐしゃっとするとけっこうすぐむける
けど、皮が残るので、空中でひっくり返して空気を入れ、
薄皮を飛ばしているションス。

b0172731_2236337.jpg

●薄皮が全部むけたら、この砕く機械をもっているおじさんの
ところへ持って行って、お金を払ってソース状に
砕いてもらう。
アリマに「昔はどうやってたの?」と聞くと、アリマが小さい時から
この機械があって、こうして頼んでいた、と言っていた。

b0172731_22372433.jpg

●機械を使うとすぐこんなドロドロのソース状に
なって出てくる!!
これでほぼ完成だけど…↑

b0172731_2238251.jpg

●油を少し入れてよくかき混ぜる。
遊びにきていた近所の男の子が手伝ってる。

b0172731_22391692.jpg

●パンに挟んで食べてもおいし~~!!☆☆☆
アイシャ♪♪

b0172731_2240964.jpg

●これはヤシの実。
これからもパームオイル…の油(ソース)を
採ります。

b0172731_2241782.jpg

●これもそこで遊んでいた近所の男の子たちが
駆り出されてるというか…手伝ってる…というか…
慣れた感じで、みんなワイワイ言いながら使える実を
選別しているところ。

b0172731_2242532.jpg

●その実はこうしてピロンで突いてつぶし、
パームオイルを採る。
このパームオイルもガボン料理には欠かせない油として
使われている。

b0172731_22425473.jpg

●これはマニョック!!
マニョックの芋を収穫してからの過程は見ることが
できなかったけど、これは最終段階。
この大きな葉っぱに巻いて…↑

b0172731_22434512.jpg

●大なべで茹でる!!
できたては柔らかくておいしい!!
でも、家庭によって作り方が微妙に違うらしく、
味も少しずつ変わってくるみたい!!

b0172731_22443989.jpg

●~子どもたちの休日~
アリマがアラシードやマニョックを作っている間、
子どもたちは別の仕事を手伝う。
…というかこれは子どもの仕事。
洗濯はションス、アイシャ、ファートゥで
半分遊びながら、外にある水道のところで洗う。
(学校がある日はアリマがするらしい)

b0172731_22453047.jpg

●食器洗いはアイシャとファートゥが家の前でする。
スポンジではなく、家の前に生えている草を少し
ちぎってそれに石鹸をつけてこすって洗う。

b0172731_22461615.jpg

●アイシャとファートゥ
家の前に植えているマニョックの前で。
女の子でもこうして裸で遊んでいる子はよく
見かける。
そして、みんな体つきけっこうむきむき!!
毎日タンクに水を運んだり、家の手伝いをして
体を使っているからかな~…

b0172731_22472297.jpg

●ションスが「サトウキビ食べる?」
と言って、家の前に生えてるサトウキビを刈ろうと
してくれているところ。
子どもたちはみんなちょっとおなかすいたりすると、
こうして自分で採って刃物でむいて食べる!!

b0172731_22482688.jpg

●おままごとしているファートゥ。

b0172731_22491670.jpg

●落ちている実や空き缶を使っておままごとの
材料にする。これは世界共通だな~
この写真はアイシャが空き缶のフタの
切れやすい部分を刃物の代わりにして、葉っぱを
刻んでいるところ。とても上手になれた手つきで
切っている。
こういう体験も大事だな~と思う。

b0172731_22502686.jpg

●隣の家の女の子たちと遊ぶ

b0172731_22511713.jpg

●落ちているもので家づくり!!
自由に使える自然物がすぐそこにあって、
いろんな遊びが展開できるのって子どもにとっては
いい環境だな~

b0172731_22521619.jpg

●家の前の木に登るアイシャとファートゥ!!
木の上にもまた葉っぱを持っていき、家を
作ったみたい!!ファートゥは木のぼりが得意!!
[PR]
# by tomoenjoy | 2010-09-27 22:52

ガボンに来て1年たちました!!

Bonjour!!
マランブガ~!!←私の任地の現地語・プヌ語でこんにちは!!の意味。
お元気ですか~~??

そして…
2010年6月23日でちょうどガボンに到着して丸1年がたちました。
ほんまにあっというま…早かった~~
初めての海外生活、まずは任地の生活に慣れ、仕事の人たちと人間関係を築き、
ガボンの教育、ガボンの人たちの様子、この国のことをだんだんと
理解していくのに1年費やした感じで日々が過ぎ去っていってしまいました。

でも、私はやっぱり外国人であって、外からきたよそ者。
たった2年しかいることができないから、まずは現地の人たちに
溶け込んで、理解して、その人たちと一緒に考え、一緒のペースで
現地の人たちが求めていることで、自分の持っているものが何かの
誰かの役にたつようにしなければな、と強く思いました…、、
日本の国際協力の一番末端にいて、いろんなことが見えてもきました。
そう思えば、本当にたくさんのことを見て感じて学べたと思います。

これを踏まえて2年目、後悔しないようにしっかり活動していきたいと
思っています!!

でも、大きなけがや病気もせず健康で、元気に1年暮らせただけで、
ありがたいと感謝しつつ、日本から応援してくれている両親、兄弟、
親戚のみんな、友だちたち、仲間たちの励ましのおかげで今の
私がいて、元気に生きていけているんだな、と強く実感しています。
失礼ですが、この場をお借りして、感謝の気持ちを伝えたいです。
本当にありがとうございます!!
このブログを見てくださっている方も、ありがとうございます。

このブログももっと文章や写真を厳選して濃い内容にしていきたいと
おもってるのですが、更新が首都でしかできないし…なかなか…。
でも、改良していけるように2年目、ガボンのこと、アフリカのこと…
もっといろいろとお伝えしたいので、いいページにしていけるように
がんばります~☆

活動期間も折り返し!!あと1年も元気にガボン生活を楽しみ
ながら活動をすすめていきたいと思っています。
また今後ともよろしくお願いします~!!m(__)m!!

2010,6,25
[PR]
# by tomoenjoy | 2010-06-26 10:01

2010年4月号~~☆

b0172731_8533059.jpg

沈んでいく夕陽と空。

b0172731_854747.jpg

チバンガの町におもしろ雲が出現!!
タコみたい~!!(>_<)!!

b0172731_8594694.jpg

ガボンで使われているお金。
中央アフリカ共同通貨のフランセーファー(CFA)
ガボン、コンゴ、赤道ギニア、中央アフリカ共和国、
カメルーン、チャド、…の6カ国
が共通して使っているお金。
日本の通貨と比較したレートは大まかに言うと
100CFA=20円くらい。
100CFAで、短い距離のタクシーに乗れる・
ガト―(一口ドーナツ)が4つ買える・あと25CFA出したら
フランスパンが1本買えます。
ちなみに500CFA~2CFAまでコインもあります☆

1ユーロ=655.957CFAフラン
CFAフランの「CFA」はもともと、仏領アフリカフラン(Franc Colonnie Francaise Africaine)という意味だった。
旧仏領植民地は、1958年に創設されたフランス共同体に加盟したので、フランス共同体フラン(Franc Communaute Francaise Africaine)に名前を変えた。

b0172731_92275.jpg

これはちょっと前に使われていた同じく
中央アフリカ共同通貨のお札、CFA。
これも今のと同じ価値があるし、もちろん使えるけど、
お札のデザインがだいぶ違う!!
私はたまたま買い物したお釣りで1000CFAのを
ゲットできたけど、あとのやつは先輩がゲットしたものを
お借りしました!!
共同で使っている国の地図が載っているし、とっても
色鮮やかであじがあって絵がすてき~!!♪♪
ちょっと集めたいけど、これは運やな~
[PR]
# by tomoenjoy | 2010-06-24 09:27

チバンガの隣町・ムイラへ!!

3月下旬。
ここ州は違うけど、チバンガから北へ約車で2時間半の町・ムイラ。
ここにも幼児教育隊員の先輩が活動されてるため、その様子を見学させてもらうために
首都からチバンガへの帰り道・・・3泊4日滞在させてもらいました!!
b0172731_82538.jpg

この写真はムイラに行く車、バンみたいなバス。
約15人乗り…で揺られること9時間…
けっこうきつきつに座っているけど、チバンガへの車よりは快適。

b0172731_8265589.jpg

ムイラの町の大きな通り。
タクシーの色は町によって違う。
ムイラは黄色と緑だけど、チバンガは白と緑。

b0172731_830316.jpg

ムイラのマルシェ(市場)で見かけた布。
柄がとてもユニーク!!
買おうか迷って、鏡で合わせてみたけど、なんか洋服にするには
映えなくて写真だけ撮らせてもらった!!
ガボンにある布は柄のモチーフが多彩でおもしろい。
例えば、身の回り品で言えば懐中電灯とか、クリップとか、目とか、
はさみとか…
他には指導者の写真プリント、聖書関係のイラストとメッセージ…
など、実に様々。。
またおもしろいのあったらのせます~☆

b0172731_833528.jpg

先輩隊員の活動見学♪
私立幼稚園に一緒に行かせてもらいました!!
外での戸外遊びはやっぱり子どもたちのびのびして楽しそう!!

b0172731_8381739.jpg

この先輩も「世界の笑顔のために」プロジェクトを利用して、
日本からピアニカを送っていただいたそうです。
子どもたちはやっぱりみんなさわりたがって、順番に音を鳴らして
楽しんでいました。
[PR]
# by tomoenjoy | 2010-06-24 08:46

カメルーン国境に近いガボンの北の町☆OYEMへ!!

3月中旬。
同じ幼児教育隊員先輩の活動の様子の見学と同期隊員の任地へ遊びにいくのを兼ねて
ガボンでカメルーンに近い町・オイエムに行ってきました!!
首都リーブルビルからハイエースのような中バスで約8時間…

b0172731_7395159.jpg

バス乗り場ー
左に見えるちょっと小さめのバスーで約8時間。
同期隊員二人の住む町、ガボンの一番北の州都「オイエム」に行ってきました!!
オイエムはガボンの中でもとても涼しい…いえ、日によっては寒く、夜もフリース生地の毛布を使って寝ることもあるらしい。
同じガボン内でも、こんなに差があるなんて!!
ガボン内でも違うのに、「アフリカ」なんてひとくくりにはできないな、と常々思います。

b0172731_7424227.jpg

一緒に首都リーブルビルからバスできた隣の席に座ってた女の子。
とてつもなくでっかい麦わら帽子(直径1mくらいはあった!)がでっかすぎてかわいい!!
ちょっとカメラの前に緊張した顔してるけど、バスの中ではよくしゃべり、よく食べ、よくにこにこしてた☆

b0172731_746376.jpg

同期の友だちが家でごちそうを作ってくれました~♪♪

b0172731_7501810.jpg

幼児教育・先輩隊員の活動見学させてもらった!!
私より1年早くガボンに来ている先輩…なので今年6月、あと3カ月後に帰られるので、その前に同じガボンで活動されている同じ職種だし、ぜひ!参考にさせてもらいたいと思い、幼稚園に連れていってもらいました。
12時に授業が終わってから1時間先生たちに、講座をしているところ。
これは「野菜のスタンプ」の美術表現技法。
オクラだったらオイエムでも安いし、すぐ手に入る。
先生たちは喜んで、自分の納得行くまで夢中で作品を作っていました。

b0172731_7534219.jpg

幼稚園の部屋の中に描かれている絵。
ちょっと素人っぽいこんな感じの雰囲気の絵はどの幼稚園にもだいたい描いてある。
この子たち…左手にはガボンの国旗。

b0172731_7561224.jpg

日本から送られてきた絵本…
日本の「世界の笑顔のために」という、JICAのプログラムのうちの一つで…
「JICAボランティアの配属先または協力活動地域の組織やグループなどからボランティアを通じて無償提供供与の要望がなされた物品について、JICAが日本国内で提供希望者を募集し、提供物品を現地まで輸送する制度。ボランティアを介した現地への物品の提供だけでなく、物品の提供者として日本国民が国際協力に参加できる重要な機会を提供するプログラムとして位置づけ、JICAおよびボランティアは、途上国の人々と日本の一般の人々を結びつける「橋渡し」の役割を担ってる。…
というこのプログラムを先輩隊員は利用され、絵本の物品提供の依頼をされて届いたものです。
この絵本は「てぶくろ」の一場面。
ちょっと写真では見えにくいけど、日本語をフランス語に翻訳して、各幼稚園に貸し出すことを始めたそうです。
ガボンでは絵本が高くて買えないし、こどもたちはなかなか絵本に接する機会がありません。こんなふうに日本から提供してくださる人がいて、ガボンの子どもたちのためになったら、とても嬉しいし、その受け渡された子どもたちや、先生たちの様子を見れる位置にいるわたしは「国際協力」っていうちょっとカタい言葉がしっくり身近に感じられる気がします。
日本にいてもこういうプログラムがあるんだ、っていう情報も知らなかったし、「世界のために自分ができること」って考えてもなかなかどうしたらいいのか、わからなかったけど、ちょっと調べて行動してみれば意外にけっこう何かできることがあるんじゃないかな、と思えてきました。

b0172731_82144.jpg

フーフーマニョックとドンゴドンゴ
前に紹介したマニョック…と同じ原料だけど、ちょっと調理法がちがうマニョック。
マニョックでもこれはバトン(棒状)マニョックよりももうちょっと柔らかい。

ドンゴドンゴはオクラとフォロンというネバネバ系野菜にニョンブエ(…ヤシの実からとった油(パーム油)で調理し、味付けしたソース)でこれまためっちゃおいしい!!
それに油で揚げた魚が入っていて、とってもマッチしてる~☆

こんな定食は任地のチバンガで見たことないから、うらやまし~!!
また探してみよ~ぉ!!

b0172731_852424.jpg

巨木が次々と運ばれる。
首都からオイエムへの道中、こんな巨木を乗せた大型トラック(?!)が何台も何台も通る。ガボンは国土の84%が森林で、13ある国立公園の国土を占める面積の割合はなんと11%で世界第1位。
主な産業が木材・石油・鉱物資源などの輸出産業だから、こういった巨木もどんどん輸出されている。
でも、こんなに毎日、すごい量をどんどん切り倒していたら、あと何十年後かにはどんな状態になるのやら…。
でも、ガボン人に言わせて見ると、「まだまだたくさんあるからいいのよ!大丈夫、大丈夫!!」と言っているらしい。
宝物を失ってから気付くのでは遅いのに…。
みんな何事においても、失う前に気付く人になれたらな、と思う…。
[PR]
# by tomoenjoy | 2010-06-24 08:17

ガボン生活ー3月号ー!!

b0172731_20234790.jpg

ピクニック☆へ!!
この間日本食…といってもコロッケランチにご招待したマーガレンヌとエルザが「ピクニックに行こう!!」と誘ってくれた!!
お弁当、おやつをもって、川のあるところにシートを敷いて、みんなで食べるのよ~!って!!
チバンガ中心街からちょっと離れた民家の中の、草が生い茂ってるところをずっと進むと川があって、この日は暑くてけっこう人がたくさんいて、みんなちいさい子どもはパンツ一丁でばしゃばしゃ泳いでた!!

b0172731_20251142.jpg

まずは、マーガレンヌが作ってくれたお弁当!!
どんなものかな~…
油であげたバナナ、ふかしたバナナ、鶏肉を油で揚げたもの、魚を油であげたもの、フランスパン。
油ものが多く、なんでも油で揚げてしまうけど、油で揚げたバナナ=ベニエは私も大好き!!
でも、ふとした時、やっぱり日本米のおにぎりが食べたくなるな~

b0172731_20425059.jpg

ちょっとした川のくぼみみたいな感じになってる水遊び場。
洗濯してる人もいるし、水もそんなきれ~な感じでもないから、ちょっとためらったけど…

b0172731_20433457.jpg

入ってみた~!!
足のつかない深いところもあって、ちょっと危険かと思うけど、小さい子もバンバン泳いでたし、上の方から飛び込みもしてて、めっちゃ自由に遊んでた!!

b0172731_2157135.jpg

「水の音楽」
”ドッポ・ポ・ポ・ポ ドッポ・ポ・ポ”
右手のひらをちょっとおにぎりを握るような形にさせて水面をたたきつけて、左手でその水をぐるっとかき混ぜるようにして、リズム良く水面を叩く…
すると…水の音にリズムと音の高低差があって、本当に太鼓のように…音楽のように聞こえてくる!!
水をも楽器にしてしまうなんて!!
私も真似してやってみたけど、やっぱりうまくリズムが取れないし、水面を叩く時にちゃんと音がでなかったりして、難しかった~~
こんな発想私にはなかったな~
日本でお風呂につかっているみなさん!!(←こっちはお風呂がないからうらやましい!!(-_-メ))
一度湯ぶねで試してみて!!☆★☆

b0172731_2158663.jpg

先輩隊員、チバンガへ来る!!
もうすぐ帰国される先輩隊員が国内旅行でチバンガにも来てくださいました。
b0172731_2201552.jpg

同任地の先輩がなんと!!餃子を皮から作ってくださり、みんなで食べました~!!
めっちゃおいしかった~!!(この日私はちょっと手伝えなかったので、また自分で作ってみよ~!!)
b0172731_2222599.jpg




b0172731_223169.jpg

ガボンのスイカ
初めは見た目、なんなのかよくわからなくて、いつも野菜売ってるシャーロットに聞いてみると、「スイカよ!」とおしえてくれた。
私は日本の黒と緑のスイカしか思い浮かばなかったから、「へ~」と思ったら、
「味見してみよう」と言ってくれ、売り物だったスイカ(=キュウリ20本分の値段の相当する)を切ってくれ、みんなで食べた~!!
赤色はちょっと薄かったけど、味は普通に日本で食べるスイカとそんなに変わらなくて、おいしかった~!!
でも、種は1cmくらいの大きさで大きかった~!!


b0172731_224556.jpg

大雨季ー
最近も昼か夕方に雨がザーッっと降る。
でも、ザーっとなんてもんじゃなくて、部屋で聞いてた音楽が聞こえなくなるくらい激しく、屋根を打つ。
理数科教師の先輩隊員は雨の音が大きすぎて授業ができなくなり、途中で終了することもしばしばある…と聞いた。。
それに仕事があっても、基本的に雨が降ったら、休みになったり…
童謡ー南の島のハメハメハ大王の歌の中に「♪~雨が降ったらお休みで」という歌詞があったけど、けっして誇張してるわけでもなく、そういう世界・国・人々もいるんや~って実感してしまった~笑!!
でも、やっぱり日本とは雨の降り方やその時間の長さー季節も違うから、その土地の人々が生活しているルールに従って生きていくことが一番自然なのかな、と思ったりもします。


b0172731_2254842.jpg

夕焼け空
私の部屋からは眺めがよく、ちょうど、また夕陽の沈む位置がドアの真正面に見えるようになってきた。
日本にいた時は周りに建物も多かったし、夕陽を眺める時間もなかったから、こんな空を見れるととってもほっとする。
私はこのあかく染まる雲とそら色の空の色が混ぜ合わさったこの微妙な微妙な絶妙なオレンジからのグラデーションの色が大好き!!
こんな色の布ほしいな~って思うけど、空にしか表現できないだろうな~
人間の手で作れないもの…
だから自然って偉大だし、神秘的だな~っていつも感じる。
[PR]
# by tomoenjoy | 2010-03-22 22:24

2010年 -2月号ー☆

b0172731_10504346.jpg

ガボンの伝統的な楽器「MNGONGO=ムンゴンゴ」
右手のナイフで弦をおさえたり、はなしたりして音程を変化させる。
左手の棒で弦を叩き、口の中の空洞で音を響かせる楽器。
リズムと音がおもしろい!!
私も弾かせてほしいとお願いしたが、「まだ子どもを産んでない女の人は子どもを産めなくなるから、良くない」と言って貸してもらえなかった。
昔からのそういう言い伝えがあるんだ。
でも、そんなん言われてまでやろうと思わなかったから、ずっと聴いていたけど…
とても不思議でおもしろい音が出る。
この楽器とタムタム(太鼓)、竹を叩き、掛け合いの歌を歌いながら、ガボンの人は
夜通し歌い、踊りまくる。

b0172731_10515985.jpg

クリスマスにトレースの髪を編んでくれた友だちをうちに招待して、
「日本食!」…といってもコロッケと春雨サラダ、味噌、梅干しを体験してもらおうと
思って、簡単なご飯を作った~!!
箸を使って食べようと挑戦してくれたけど、やっぱりかなり難しくて全然上手に使えず、すぐ
フォークで食べてたけど。
コロッケはおいしいと言って食べてくれたけど、ガボンにはない春雨や、わかめ、梅干し、味噌には
全く手をつけてもらえず、ちょっと頑張って味見してくれたけど、
「ウアェェぇぇえ~」と言ってガバガバ水飲んで慌ててた。
私にとっては小さい時から慣れ親しんできた、食材、食べ物だからここでは貴重やし、
私にとってはとてもおいしいもの、と思うけど、やっぱり育った場所や環境によって
食べれる物や好みも全く違うんやな~と、当たり前のことかもしれないけど、
改めて思った。

b0172731_10523571.jpg

後片付け。
一緒に率先してやってくれたエルザ。

b0172731_10531753.jpg

仕事が終わって歩いている途中、道に面した家の前で、
女の人がなにやらこねてた。
聞いてみると、これが「マニョック!!」。
キャッサバのイモをつぶして練り…
b0172731_10535264.jpg

この青いバケツに入っているように棒状にする…
b0172731_10551112.jpg

一本一本葉に包み、茹でる!!
すると…こんなふうにちょっと白さが落ち着いた白になる。
b0172731_10561044.jpg

これを1cmずつくらいに切って、おかずと一緒にたべる。
触感はちょっともちっとしてて、少し酢っぱみがあるけど、おいしい!!
ガボンの中でも地域によって棒の太さや酸っぱさ、味によってそれぞれ
違う。
ガボン隊員の中ではフランスビルという地域のマニョックが太くて、酸っぱくなくて
甘味があっておいしい!と人気です。
でも、チバンガのもそんな悪くない。
しかも出来立て、作りたてはやっぱりおいしい!!
次の日、この女の人が中心街のお店の前で売ってたから、買ってみたけど、
めっちゃおいしかった~!!
日本風にバターで軽く焼いて、醤油つけて食べたら、ちょっと
餅っぽくてほんまにおいしかった~☆★☆


b0172731_10564572.jpg

注文した服をオートクチュールで仕上げてくれるお店ー「Le tailleur」
私の後ろの壁に貼ってある紙ーモデルの女の人が色んなタイプの服を着ていてそれを見本にして、
こんなの作って~と言って自分のお気に入りの布を持っていけば、体のサイズを計り、それと同じように作ってくれる。
チバンガで私がいつも頼んでいるベナン人のムッサブー!!
裁縫が上手で比較的丁寧に仕上げてくれる。
でも、ガボン中「Le tailleur」はいっぱいあるけど、そのお店でミシンを踏んでいる人のほとんどが男性で、ガボン近隣諸国からきている、コンゴ・ベナン・マリ・セネガル…の人だったりする。
この写真の服は私が絵に描いて、こんなふうにして~!って注文して出来上がった!!
でも、微妙に気に入らないとこやこうしてほしいと、お直しを頼むとやっぱりじゃまくさいし、
労力使うから、ちょっと嫌がられるけど、お願いする!!

やっぱり端まできれいに縫ってくれる人や、裏地布をしっかりつけてくれる人…
ちょっといろんなお店を試してみて、行きつけを探そうとしてるけど、やっぱりここに持ってきてしまう!!ここが私の行きつけの場所やな!!
[PR]
# by tomoenjoy | 2010-03-20 11:53

Bonne Anneé☆2010!! -1月号ー

b0172731_283951.jpg

2010年1月1日 元旦
あけましておめでとうございます!!
今年もよろしくお願いします!!
年越しは先輩隊員がうちに泊まりにきてくださり、元旦は持ってきてた浴衣を着てちょっと買い物に出かけてみた!!(浴衣着る機会あんまりなくて…)
「ニンジャ!!(忍者!)」と声をかけてくる人もいて、めっちゃ笑ってしまった~笑
元旦でも小さなお店もあいていて、特にそんなに普段と変わった様子はなかった。
でも、挨拶はみんな[Bonne Anneé!!(フランス語の新年おめでとう)」と
言いあうところがやっぱり新年だな、と思ったけど、
「暑いっっ!!」。
日本での寒い年越しイメージの感覚と全然違うからなんか、ピンとこないけど、
2010年☆いい年になりますように~!!

b0172731_2123491.jpg

私の任地に唯一ある、日本でいうローソンみたいな、ガボン中にある
チェーン店のお店ー「セーカドー」。
もちろん24時間じゃないけど、朝8時~夜7時半くらいまで営業してる。
チバンガのお店の中で唯一牛ミンチが売ってたり、おいしいクッキーがあったり、
お酒や冷凍食品、本当に、コンビニ的な品ぞろえ豊富な便利なお店!!
この2階の一角に私の家があります!!
本当に料理中ちょっと「あ、もう足りない」って思った時もすぐに買いに行けるから、
めっちゃ便利!!こんな便利なとこに住んでてもいいのかと思えるくらいいい場所!!
どこに行くにも便利な場所だし、部屋からの景色も気に入ってるし、大家さんもいい人。
大家さんはチバンガ中のフランスパンを作っているオーナーで、
パン工場がこの建物の裏にあって、早朝のパンの為に、夜10時くらいから、夜通しで
作られていて、とってもいいにお~いがする!!
そんなとこに住んでいます!!


b0172731_2173199.jpg

チバンガから南に車でさらに2時間、海に面した町ーマユンバ。
先輩隊員が村落開発で仕事をされているので、土日を利用してちょっと
遊びに行ってきましたー!!
海がきれいで、2~3月はウミガメの産卵とかクジラが見れるそうです。
ガボン人はあまり海に入ったり、遊んだりしないみたいなので、先輩はいつも
プライベートビーチのように海を独り占めしているそうです(笑)

b0172731_2234646.jpg

このマユンバにはベナン人漁民がちょっと村を作っていて、
小舟で漁に出掛けるそう。そのベナン人漁師さんたちは、カニや伊勢エビも獲れるので、
各家に言いに行ったら売ってくれる。
そこで!!伊勢エビを売ってもらって、先輩隊員の家で、さばいて食べました~!!
海のもの!しかも伊勢エビなんて普段食べられないから感動~!!
ちょっと焼いて食べて、お味噌汁にもしておいしかった~!!
日本ではこんなのをさばいたりするチャンスはあんまりなかったから、
なんか新鮮でするっと身が取れると気持ちよくておもしろかった。
でも、やっぱりおいしかった~!!満足ぅ~☆


b0172731_1035519.jpg

人生で1度はやってみたかった髪型ーボウズ。
この際、意を決して同期隊員、先輩隊員に頼んで切ってもらった!!
普通に紙切るハサミとバリカンで。
わ~い☆
途中…モヒカンとか前髪パッツンとか…(ここでは写真はカット!笑)
おもしろ~い!!(^◇^)!!

b0172731_2263437.jpg

海ボーズ!!
髪を切ってもらったあと…そのままマユンバの海に、どぼ~ん!!
同期隊員と私。


b0172731_2345671.jpg

チバンガの日常。
自然の緑、
緑パンツ一丁のこども。
なんか妙にマッチしてるこの風景。

b0172731_2465944.jpg

先輩隊員がチバンガに遊びに来てくれはった!!
お昼、よく行くレストラン「パルミエ」にて。
このお店でゾウ食べた。他にもジビエ(野生肉)が食べられる!!
おすすめはちょっとこの写真では見にくいけど、「プーレヤッサ」という
名前の料理→鶏肉を炭で焼いて、ピーナッツ系のソースがかけてある!
普通においしい!!
あとバナナをふかしたもの!!これもガボンの人は日常的に食べる。

b0172731_2501735.jpg

セーカドーの前で野菜を売っているおばさんの娘たちの女の子。
この子たちもそんな野菜売りをいつも手伝っているけど、
たまにはこうして遊んでる。
そう!!「ゴム飛び」してる!!
やっぱりガボンの地域によってやり方は違うけど、
日本でも同じ遊びを小学校のとき、私も昼休みによくしてたから
懐かしくて、同じ”ゴム飛び”をやってて、なんか子どもたちの遊びも
世界共通だな、と思った。
ちょっと飛ばせてもらったけど、げらげら笑われて…
私も小学生時代のように軽く飛べず…やっぱり歳とったなぁ~…苦笑

b0172731_254919.jpg

先輩隊員のお誕生日!!
ケーキを焼いてみた!!
生クリームを泡立てて、文字を書くためのチョコを溶かして…
ケーキの丸型の型がなかったから、トイレットペーパーの芯を厚紙として
つなぎ合わせて、ホッチキスでとめて中にクッキングシートをひいて。
けっこう物がなくても、何でもちょっと考えてみたら代用できるんだな、って
改めて思います。
みんなでお祝いして、ケーキもおいしかった~♪!!
自己満足~☆★☆!!笑
[PR]
# by tomoenjoy | 2010-03-20 10:43